FC2ブログ

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

モンベル スキーケース

 板とポールを2セット収納・運搬可能なケースです。

↓(モンベル スキーケース
D1000278.jpgD1000279.jpg

 テレマークスキーはアルペンスキーと比べてビンディングが軽いので、2セット収納してもなんとか持ち運びできます。アルペン板2セットなら、持ち運びはちょっとキツイかも知れませんね。

↓中身はこんな感じです。写真の右に見切れている古タオルは、道具と道具の間に緩衝材として入れるものです。
D1000282.jpg

---
 これに板を詰め込んだ、ということは、つまり…。
スポンサーサイト

tag : テレマークスキー アウトドアグッズ スキーケース

2/28(土)

今日は運動休養日です。

---
午前中はスキー板のワックス仕上げ。
午後からは散髪。
まったりDAYです。

2/27(金)

腹筋
腕立て伏せ
ジョグ9km
ランジウォーク

---
今日はランジウォークをナンバ風にやってみましたが、結構難しいです。

e-tax

 サラリーな私には無縁の確定申告ですが、年金暮らしの母親から、自宅PCから電子申告してみたいから助けてくれ(?)と電話が。

 公的個人認証カードもカードリーダーも、必要と言われたものは全部揃えていて、気合満々でしたが、いやぁ、(e-tax)、ありゃ高齢者にはキツイと思いましたね~。とりあえず、個人認証のシーンでやたらめったら暗証番号を求められるの、何とかならんものですかね~…。

 でも、母はめげずに入力していって、なんとか電子署名&送信までこぎつけました。私が横で操作方法なんかを説明したのですが、その内容を全部書きとめ、実際に何度も操作を反復練習するその姿に、ちとリスペクト。来年からはきっと一人で電子申告できることでしょう。

 思うに、アンチエイジングの源とは「好奇心」と「探究心」ではないか、と。

↓先ほどカウンタを見て、思わずキャプりました。
777.jpg

tag : e-tax

2/26(木)

腹筋
腕立て伏せ
ジョグ9km
ランジウォーク

---
hukkinmini.jpg udetatemini.jpg jogmini.jpg ranjimini.jpg
 今月中が締切待ったなしの仕事、ギリで明日完了の見込みがつきました。
 さぁ、来週は…。

BlackDiamond スキーポール

 板はアゲたことがありますが、そういえばポールはまだでした。

↓BlackDiamond Poles
D1000276.jpg
 左が妻の(カーボンファイバーポール)、右が私の(トラバースポール)です。

↓このポールのウリは独自の「フリックロックシステム」
D1000277.jpg
 黒い部分のレバーの上げ下げで、簡単に長さ調節&ロックが可能です。

 先月、妻とハイクアップしながら「長さ調節ができるけど、やったことないし必要ないよなぁ」と話していた矢先、ショップの店長から「登りは長くした方が楽です」と言われました。(^^ゞ
 でも、物臭な性格ゆえ、下りで元の長さに戻すのを忘れてしまいそうで、ちと心配です。

tag : テレマークスキー

2/25(水)

腹筋
腕立て伏せ
ジョグ10km
ランジウォーク

---
暖かいですね~。雪はもう、降らないかな~…。

モンベル ドロワットパーカ

 初めての北海道スキーツアーが2001年。その時に買ったから、もう9年目になります。なんと物持ちの良いこと。(^^ゞ

↓(モンベル ドロワットパーカ
D1000274.jpg
 私にとって2代目のドロワットパーカです。初代は1991年に購入したパステルピンクの派手なヤツでした。

 全面ゴアテックスを採用し、身頃にはシンサレートが入って保温性を確保。ウェスト部内側のウィンドスカートによって風雪の侵入をシャットアウト。ハンドウォーマーの他に、胸部付近の内外にジップ付ポケットがあり、財布やデジカメの収納に重宝します。襟元はジッパーがあごに直接当たらない工夫が施され、モンベルらしい、隅々まで考えつくされたアウターです。
 なお、最新モデルはストレッチ素材が採用され、さらに動きやすくなっているようです。

↓数ある工夫の中でも、ありがたいのが脇のベンチレーション。
D1000275.jpg
 結構大きく開くので、ハイクアップ時などの汗をかくシーンでも、脱がずに内部の熱を放出してくれます。

 少しラミネート部分の浮き上がりが出てきているし、いいかげんに買い替え時かな~と思っていますが、次も迷うことなくドロワットパーカにするつもりです。もう決定事項、それほどに惚れこんでいます。

↓2003シーズンのニセコツアー。テレマーク転向直前は、スキーボード(短板)で遊んでいました。
niseko03.jpg

tag : テレマークスキー アウトドアグッズ

2/24(火)

今日は、高校時代の友人と居酒屋でまったり。
ということで、運動休養日です。
あ、お店から3kmくらい歩いたかな。(^^ゞ

2/23(月)

腹筋
腕立て伏せ
ジョグ10km
ランジウォーク

---
 久々に走った気がします。中2日なだけですが。
 明日の夜は、長い東京暮らしにケリをつけて郷里に戻ってきた高校時代の友人と、鶏の炭火焼などつつきながら語らう予定。楽しみです。

2/22(日)

 先ほど温泉旅行から帰ってきました。退職される元上司にも満足してもらえたようで、良かった~。

 それにしても、昨日から食べて飲んで湯につかって寝て…。今日も観光地以外はひたすらバスの中で寝てました。こんなに運動しない週末は、いつ以来かな?

---
D1000246.jpg
おさるたちの食事タイム、みな必死です。

温泉旅行中

20090221175822
いい大人がサファリランドで大はしゃぎしました。

2/21(土)

 今日から、この春定年退職される元上司を囲んで1泊2日の温泉旅行。
 ということで、この土日は運動休養日です。

---
 足腰に慢性的に疲労も溜まっているので、しっかり湯治します。

ナンバ歩きとテレマーク(その2)

 水曜日のテレマークスキー練習では、前回の(細革テレマーク練習)で取り上げた、(ナンバ歩き)の動きを積極的に取り入れてターンしてみました。

---
(1)外脚(前脚)と一緒に同じ側の膝・腰・肩を「スッ」とフォールラインに落とし込んでやる
(2)エッジを立てすぎず、落差を大きくとるようにスキッドターン
(3)ストックを「トン」とフォールラインへ突くのを合図に、上体を山から谷へクロスオーバー
(4)板から抜重し、(1)の要領で反対側のターンへ、以下、繰り返し
---

 いままで「体幹のひねり」ばかり気にして、ターン前半からアンギュレーション(外向外傾)姿勢をとるように滑っていましたが、むしろ前半はターン方向へ自然に上体を正対させることで、2本の板を均等にずらし落として腿に負担がかかりにくい滑りができることを実感しました。
 「ずらせる」ということは、言いかえれば雪面からの反発を「受け流せる」ことになります。ということは腿の筋肉で雪面からの反発に耐える力も、最小限で済むわけです。
 力が省略できれば、身体にもゆとりも生まれる、という好循環を生みだして、ターン後半では、自然と外向外傾の姿勢がとれるようになっていたような気がします。以前は「ひねるぞ~ひねるぞ~」とムキになっていましたが、そんな必要がなくなっていたのです。
 
 実は、昨シーズン終盤、この日と同じゲレンデで、「OJさん」というテレマークスキーヤーにお会いし、以来そのカッコイイ滑りに近づきたいな…と常々思っていたのですが、家に帰ってから、当時図々しくも撮らせて頂いたOJさんの滑り動画を今一度チェックしてみたら、やはり、このナンバ的モーションを確認することができました。

↓OJさんスミマセン、勝手ながら分解キャプチャをupさせて頂きました。(NGならすぐ削除します)
CIMG4726-10.jpg
CIMG4726-12.jpg
CIMG4726-14.jpg
CIMG4726-16.jpg
CIMG4726-18.jpg

~ラクに滑るヒントは、ナンバに隠されていた~

と言っても過言ではないくらい、目から鱗の練習日となりました。

↓一緒になってナンバの動きを取り入れて練習中の妻
---YouTube---

-------------
いままでになく手ごたえアリの様子でした。次は苦手な右ターンの克服ですな。

tag : テレマークスキー ナンバ

2/20(金)

腹筋
腕立て伏せ
ジョグ10km
ランジウォーク

---
まだ、寒気が残っているようです。ジョグ寒かった~。

私がテレマークターンをする理由

私がテレマークターンをする理由、それは…
~テレマークターンがしたいから~
手段ではなく、それ自体が目的なのだと、遅まきながら?最近気づきました。

---YouTube---

-------------
普通に滑り下りるだけなら、こんなにターンは要らないですね。(^^ゞ

tag : テレマークスキー

2/19(木)

今日は天気予報どおりの雨天につき、運動休養日。

---
昨日の遊びの疲れが、ちと残っています。

師匠の細革一本杖テレマーク

↓私をテレマークスキーの世界へと導いた、師匠「じぇっと氏」の細革一本杖テレマークです。
---YouTube---



-------------
 杖は氏の自作で、握りやすい太さで適度な弾力もあって、ターン中の上体支持に適しているようでした。
 一本杖テレマークスキーは、ゆったりリズムのターンが一番似合うと思いました。

tag : テレマークスキー 細板 革靴 一本杖

2/18(水)

隣県の恐ろしげな名前のスキー場にてテレマークスキー練習。
プラブーツ&セミファット板で、約6時間。

---
今日はターン導入時にナンバの動きを取り入れてみました。無駄な力が要らず、とてもラク~にターンができました。「ナンバ」目から鱗です。

↓こう見えて結構ブッシュが出ています。
ゲレンデ

tag : テレマークスキー

2/17(水)

今日は休養日にしました。

---
その代り、明日は…。
今日は早寝します。

↓愛用のグローブは(BlackDiamond)の革タイプです。
D1000239.jpg

tag : テレマークスキー

2/16(月)

腹筋
腕立て伏せ
ジョグ9km
ランジウォーク

---
寒波到来、一気に冷え込んできました。

2/15(日)

3週連続で、近所の山(標高613.9m)へトレイルラン
高低差約500m、片道約3.6kmの登山コース。
登り58分19秒、下り38分15秒。

---
 下りでちょいとルートミスしてタイムロス。でもペースは先週より速めだったと思います。

↓今日は絶好の登山日和で、山頂は満員状態でした。
D1000235.jpg

 さて、トレラン時にはいつもゼリー系のサプリを携行しますが、今日は(amino VITAL 2200)を試してみました。

↓「粉薬っぽい~」と慌てて水で流しこむ妻。実際、中身は粉ですからね~。
D1000236.jpg
 普段のゼリーよりアミノ酸の量が多いのが効いているのか、確かに走り終えた後の疲労感が少ないように感じます。妻もそう言っています。2人とも単なる気のせいかも知れませんが。(^^ゞ

tag : トレイルラン サプリメント アミノ酸

ナンバ歩きとテレマーク

 一時期、陸上の選手がトレーニングに取り入れているということで、その名が知られるようになった「ナンバ」の歩き方。同じ側の手足を前に出して歩くイメージで思い出される方が多いと思います。
 要は日本の着物文化において、着衣を乱れさせず効率的に動くために生み出された必然のスタイルである、と私は思っています。しかしながら、上体がブレない動きは視線が安定するので、武道においてはスキを生まない効果があるし、また、この歩きを心得た方の所作は、確かに美しく優雅に映りますね。

 先週の細革テレマークの練習でも、撮影してもらった動画でターン中の姿勢を見ると、この「ナンバ」的な特徴が表れていることに気づきました。
CIMG5158.jpg
CIMG5158-1.jpg
CIMG5158-2.jpg

 私は細革テレマークを「一時も気が抜けない」という感想で何度か表現しましたが、不安定な足元で安定したターンをキープするためには上体のブレは大敵であり、ナンバの姿勢をとることは確かに理にかなっている、と思いました。

 プラブーツでは、この革靴独特の不安定さを感じることがほとんどなかったので、今まではターン切替にばかり着目して(アンギュレーション)とか(体幹のひねり)などの重要さばかり考えていましたが、革靴でターン中の安定にとても効果的だと気付かされた「ナンバ」の姿勢、プラブーツの滑りにも取り入れることで、よりラクで優雅な滑りができるのではないか、と考えるようになりました。

 今度、是非意識して練習しようと思います。とはいいつつも、こう暖かくっちゃ、今度の滑りがいつになることやら…、なのですが。

↓ノルディックナンバウォーク。シーズン中なのにオフトレモード
D1000231.jpgD1000232.jpg

tag : テレマークスキー ナンバ歩き

2/14(土)

ノルディックウォーク&ラン(距離片道4.2km/高低差約230m)
・・・・往路(ウォーク)36分38秒/復路(ラン)23分12秒
その後、ジョグ50分(多分8kmくらい)

---
気持ちが悪いくらい、暖かいですね~。
明日は、また地元の山にトレランに行こうと思います。

郷里の百名山

 学生時代、山岳部に在籍していた友人が「在学中に深田久弥の百名山を踏破するんだ」と熱く語っていましたが、果たして彼がその夢を実現できたのかどうか、わかりません。
 
 私もその夢には少し憧れを抱いたものですが、自分の性格と経済力からして、それに固執するのは無理だなと、早々にあきらめました。(^^ゞ
 でも、百名山に数えられている甲信越や東北のいくつかの頂に登って味わった達成感や景色は、青春?時代のよき思い出となっていますね。

 大学を卒業し、郷里に戻って改めて県内の地図を見渡せば、最高峰でも1000m台前半の山しかなくて、残念に思ったのが当時の正直な気持ちでしたが、ある本を手にして、その考えが変わりました。

↓この本です。
山の本1

 著者の中島篤巳さんは、冒頭で、本県の山登りについて次のようなポイントをあげられています。
---
・低山ゆえに1時間程度で登れる山は、健康づくりに最適であること
・民俗や歴史に思いを寄せ、頭で楽しむ「知的登山」で臨めば、心豊かな登山ができること
---

 元祖百名山に比べれば、ダイナミックな風景展開には乏しく、日常から抜け出せる森林限界の空気なども味わえませんが、見方・考え方を変えることで、本県の山にも楽しみ方や価値があるんだぞ、という氏の主張に、すこし救われた気持ちになったものです。

 以後、「気張らず・焦らず・とらわれず」の精神で折を見つけては足を運び、現在までで約半分ほど登っています。これからも、時にトレラン、あるいは散歩・トレッキングで、ゆっくりと残りの頂を踏んでみたいと思っています。

↓一応、登った山には印を付けてみたりして…。
山の本2

tag : トレイルラン トレッキング 百名山

2/13(金)

腹筋
腕立て伏せ
さぁジョグ…というところで、雨。

---
休養日になりました。

2/12(木)

腹筋
腕立て伏せ
ジョグ10km
ランジウォーク

---
風が強く、まだまだジョグ中は寒いです。
また、今日は遠景が黄砂の影響で見事に霞んでいました。

モンベル リフレック ウインドジャケット

 今日のトレランは、風が強くてとにかく寒かった。ということで、いつもは「備えあれば~」の精神で携行していたウィンドブレーカーが、いよいよ出番です。

↓(モンベル リフレック ウィンドジャケット
ウィンドブレーカー1ウィンドブレーカー2
 アルミコーティングしたガラスビーズが染料に含まれていて、光があたると右上のように見事に反射します。また、とてもコンパクトにたためるので、トレラン携行用のポジションに収まっています。

 普段のジョグのナイトラン用にも使用していましたが、サイズの割にゆったりめで、少し「もたつく」感があるのが唯一の難点でした。でも、トレラン時にはこのゆったりさ故に、ハイドレーションパックの上からバサっと着て素早くリスタートでき、パック着脱の手間が省けてとても便利なことが実感できました。もっとも、パックからの取り出し&収納は、同行の妻にお願いすることができてのことですが。(^^ゞ

↓(左)メッシュポケットにぴったり収まります。(右)トレランしている風体には見えなくなりますね。
ウィンドブレーカー3ウィンドブレーカー4

 一見、デメリットと思えたポイントが、あるシーンではメリットになる。道具の適材適所を見出すのも、この手のスポーツ遊びの楽しみ方だと思っています。

tag : アウトドアグッズ トレイルラン ウィンドブレーカー

2/11(水)

地元のカルスト台地にて、トレラン。
たぶん7~8kmくらいを、90分かけてゆーっくり。

---
気温はそんなに低くなかったのですが、風が強くて寒かったです。

↓誰もいないオフロード。トレランというより、クロカンですかね。
t-run.jpg

2/10(火)

腹筋
腕立て伏せ
ジョグ9km
ランジウォーク

---
う~、先週末の疲労がまだ腿に残ってます。
でも、明日、天気次第ではまたトレランしたいかも…。
懲りてないですね~、私。(^^ゞ
カレンダー
01 | 2009/02 | 03
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
カテゴリ
月別アーカイブ
天気予報

-天気予報コム- -FC2-
全記事表示リンク

全ての記事を表示する

QRコード
QRコード
プロフィール

瓜坊主

Author:瓜坊主
疾走感フェチ!テレマークスキー、ジョグ、トレイルラン・・・下手の横好きが記す、まとまりのない日記です。

FC2カウンター
リンク
最新記事
最新コメント
検索フォーム
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。